弁護士法人杜協同法律事務所

HOME > 法律問題Q&A > 震災法律相談Q&A

震災法律相談Q&A

債務に関する問題(リース・倒産含む)

「震災に起因する倒産」の回でも説明しましたが、住宅ローンの対象となっている建物が全壊したとしても、政府・金融機関が被災者を対象に何らかの救済措置を講じない限り、住宅ローンの支払義務は消滅しません。
 住宅ローンが残ると、金額が大きいため、返済が困難な場合も多いと思います。
 その場合、裁判所で破産・免責手続をとることが必要になってくるかもしれません。
 破産手続についても、「震災に起因する倒産」の回で詳しく説明していますので、ご参照ください。

「震災に起因する倒産」の回でも説明しましたが、住宅ローンの対象となっている建物が全壊したとしても、政府・金融機関が被災者を対象に何らかの救済措置を講じない限り、住宅ローンの支払義務は消滅しません。
 住宅ローンが残ると、金額が大きいため、返済が困難な場合も多いと思います。
 その場合、裁判所で破産・免責手続をとることが必要になってくるかもしれません。
 破産手続についても、「震災に起因する倒産」の回で詳しく説明していますので、ご参照ください。

「震災に起因する倒産」の回でも説明しましたが、住宅ローンの対象となっている建物が全壊したとしても、政府・金融機関が被災者を対象に何らかの救済措置を講じない限り、住宅ローンの支払義務は消滅しません。
 住宅ローンが残ると、金額が大きいため、返済が困難な場合も多いと思います。
 その場合、裁判所で破産・免責手続をとることが必要になってくるかもしれません。
 破産手続についても、「震災に起因する倒産」の回で詳しく説明していますので、ご参照ください。

「震災に起因する倒産」の回でも説明しましたが、住宅ローンの対象となっている建物が全壊したとしても、政府・金融機関が被災者を対象に何らかの救済措置を講じない限り、住宅ローンの支払義務は消滅しません。
 住宅ローンが残ると、金額が大きいため、返済が困難な場合も多いと思います。
 その場合、裁判所で破産・免責手続をとることが必要になってくるかもしれません。
 破産手続についても、「震災に起因する倒産」の回で詳しく説明していますので、ご参照ください。

「震災に起因する倒産」の回でも説明しましたが、住宅ローンの対象となっている建物が全壊したとしても、政府・金融機関が被災者を対象に何らかの救済措置を講じない限り、住宅ローンの支払義務は消滅しません。
 住宅ローンが残ると、金額が大きいため、返済が困難な場合も多いと思います。
 その場合、裁判所で破産・免責手続をとることが必要になってくるかもしれません。
 破産手続についても、「震災に起因する倒産」の回で詳しく説明していますので、ご参照ください。

「震災に起因する倒産」の回でも説明しましたが、住宅ローンの対象となっている建物が全壊したとしても、政府・金融機関が被災者を対象に何らかの救済措置を講じない限り、住宅ローンの支払義務は消滅しません。
 住宅ローンが残ると、金額が大きいため、返済が困難な場合も多いと思います。
 その場合、裁判所で破産・免責手続をとることが必要になってくるかもしれません。
 破産手続についても、「震災に起因する倒産」の回で詳しく説明していますので、ご参照ください。

法律問題Q&A

ページのトップへ戻る