弁護士法人杜協同 阿部・佐藤法律事務所

HOME > 法律問題Q&A > 震災法律相談Q&A

震災法律相談Q&A

倉庫に保管中の商品の散失

A:契約書が交わされていたかどうかで違ってきます。
契約書が無かった場合には、商法617条により倉庫業者が保管に関してきちんと注意をしていたことが証明できれば、責任を免れることになっています。
更に契約書を交わしていた場合には、ほとんどの倉庫保管契約書には地震や津波による損害の場合には、倉庫業者は免責されると記載されていますので、契約に基づき責任は発生しないことになります。

A:今回の東日本大震災のような想定範囲を超えた地震や津波の場合には、不可抗力として倉庫業者に過失があるとは言えませんので、損害賠償の責任は負わないことになると思います。

A:倉庫内に保管していたとしても、搬出ができないということは倉庫契約の目的を達成できないことになります。
民法536条は、この様な場合契約の対価である保管料の請求はできないと定めています。

取引上の問題

ページのトップへ戻る