本文へスキップ

弁護士法人杜協同 阿部・佐藤法律事務所は、企業法務・行政・医療・倒産事件を専門・得意分野とする法律事務所です。

TEL. 022-262-4265

〒980-0812 仙台市青葉区片平1丁目2番22号
ロイヤーパーク6F

ごあいさつCONCEPT


 梅雨の晴れ間、夏の到来が待ち遠しい季節です。

 当事務所は平成19年9月に、「弁護士法人杜協同 阿部・佐藤法律事務所」として法人化され、昨年はちょうど10年目の節目の年でした。12月にはあらたに白戸祐丞弁護士が入所し、弁護士6名態勢となりました。若い力を投入して、法人化11年目となるこの一年は、依頼者の皆さまの幅広いニーズに一層お応えし、様々な分野での活動を続けていくことによって、これまで以上の厚い信頼関係を構築していくことを目指しています。
  近時は特にリスクマネジメントの問題に力を注いでいます。当事務所の業務の柱となっている医療事件、行政事件、企業法務はいずれも事件として成熟する以前の段階での初期対応が大きな意義を持っています。各分野・業種ごとに、どのようなリスクがあるのかを事前に十分に検討して、紛争の顕在化を予防することをクライアントの皆さんとともに協議しながら企画・立案することを心がけています。
 そして医療事件の適正な解決に向けて、頑張ります。医療事件は人の生命や健康という極めて重大な問題を扱う事件ですので、法律的・医学的な研鑽を積むことはもちろんのこと、医療側と患者側双方の真摯な気持ちを十分に酌み取った事件処理を心がけています。地方自治体の訴訟や相談も多数お受けしており、市民の利益を守りながら行政の円滑な運営を確保することを目指しています。
 近時労働事件の相談・受任が増加していますが、当事務所は基本的に使用者側で業務に当たっています。今般、事務局スタッフが社会保険労務士の資格を取得し、本年から事務所内資格者として登録しましたので、行政上の手続的な問題もご相談下さい。
 これらの専門性の高い事件に的確に対応すべく、弁護士と事務局が研鑽を重ねつつ、全力を挙げて取り組んで参ります。
 これまでにも増して、よろしくお願い申し上げます。

  平成30年6月 梅雨の晴れ間の日に




                       
弁護士法人杜協同 阿部・佐藤法律事務所
                           弁護士 阿部  長
                           弁護士 佐藤 裕一
                           弁護士 伊藤 敬文
                           弁護士 三橋要一郎
                           弁護士 赤石 圭裕
                           弁護士 白戸 祐丞
                               事務局一同

 

バナー

弁護士法人 杜協同 阿部・佐藤法律事務所

〒980-0812
仙台市青葉区片平1丁目2番22号
ロイヤーパーク6F

TEL 022-262-4265
FAX 022-262-4266